へこみや傷をなおさないと、バイク買取価格に響く?

バイク買取をお願いして、査定に来てもらう日時を決めて、さて、バイクをきれいに洗って、その日を迎えようと準備をしたら、さすがにあちこちの傷が目立つことに気づきました。

傷もコキズだけでなく、こすれたような跡もあるし、ところどころ割れもあります。

凹んでいる部分はきれいに洗うと、余計に目立ってしまいます。

これはなおしておかないと、結局買取り値に悪影響が出るのではないかとあわててしまうということもありますよね。

割れ、ヘコミ、傷などをなおす必要はあるのでしょうか。

結論から言えば、こうした割れ、ヘコミ、コキズのような気になる部分は、自分でなおすと手間暇がかかり、お金もかかってしまうため、修理する必要はありません。

たとえば割れてしまったパーツを自分で買い換えて、修繕するとなれば、コストもかかるし、コストを抑えようと自分で直しても、素人のやることでキレイにできなかったりします。

その点、バイク買取店側は、プロですから、仕事はカンペキですし、パーツなどの仕入れ値も業者価格で安くあがります。

つまりバイク買取店側に任せた方が、間違いがないのです。

ちょっとした修理が必要になりそうだと感じて悩んだら、あえて修理は行わずに、査定を受けてしまう方がお得です。

これは修理が必要か、それとも不要かよくわからないという時は、バイク買取店に一任してしまった方が良いでしょう。

無駄なコストや手間ヒマをかけても、それがバイク買取の価格に反映されないようでは意味がありません。

コメントは受け付けていません。