投稿日:

男性医師の医療脱毛・VIOを含む全身、恥ずかしくて嫌ですが?

医療脱毛の全身でVIOを希望する女性は圧倒的に多いのに、女医のいる医療機関は数えるほどという現状があります。

ネットに頼るしかなさそうです。

□男性医師が大半という現状ではあるけれど。

たしかにVIOを含め医療脱毛の全身は、もともと男性医師が大半を占める医療業界の中では避けて通れないことです。

しかし施術を行なう医師は、それまでに何千という患者さん(利用者)を施術してきているので、女性が恥ずかしがるような感情はもっていません。

またVIOラインは粘膜組織のあるむずかしい部位なので、全身のプランの中でも別扱いにしているクリニックもあります。

VIOが絶対でなければ、全身から外してもらうことも可能です。

□女医さんのいる医療機関をネットで探すことも。

全身脱毛でVIOを外すといっても、それなら全身脱毛を受ける意味がないという女性も多くいるでしょう。

利用者のうちの大半が、VIOを何とかしたいという悩みをもっています。

男性医師にくらべて数は圧倒的に少ないですが、女医が担当するクリニックや、病院の外来で女医が配置されているところもあります。

通院に不自由かも知れませんが、ネット検索すればすぐ見つけられます。

☆Check⇒聞けない…けど知りたい!アンダーヘアの脱毛って必要? (2019年8月28日) – エキサイトニュース

□全身脱毛のVIOに抵抗を感じる女性が多いのは当然です。

ネットを使って女医のいる医療機関を検索しましょう。

女医優先で探した場合、通院距離が遠いとか日程が自由に組みにくいといった難点があります。

全身をオーダーするのではなく、そこではVIOだけをお願いすれば、通院の不自由からは短期間で解放されます。

新宿・渋谷などビジネス街・繁華街には、女医さんのいる率が高いです。