バイクショップにバイクを売るメリットとデメリット

バイクを売るのは、バイク買取業者ばかりではありません。

近くにバイクショップがあればそこに売っても良いのです。

バイクショップに売るメリットとデメリットについてまとめています。

【バイクショップのメリット】

近くのバイクショップと仲良くなっておくと、バイクを売る時なども相談に乗ってくれます。

店主にバイクを売りたいと相談すると、他の常連客やそのつながりの人に声をかけてくれることがあります。

また、そのお店で売れない場合でも、他のバイク買取業者を紹介してくれたり、個人売買をしてくれることがあります。

バイクショップから得る情報は、インターネットで検索しても出てこない情報が多いので、お得です。

【バイクショップのデメリット】

バイクショップで売るデメリットは、買取価格があまり上がらないことが挙げられます。

バイクショップは買取専門店ではありませんので、買い取った中古バイクの流通ルートが限られているからです。

もし多くの中古バイクの在庫を抱えてしまうと、売れ残ってしまう可能性があるからです。

【買取額を取るか、信頼できる人に売るか】

いつも行くバイクショップで信頼できる人がいるお店でバイクを売るか、バイク買取業者に依頼するかになるのですが、買取価格を重視するのならバイク買取業者に、信頼できる人がいるお店に買い取って欲しい、金額はいくらでもいいというのならバイクショップに売るようにすると良いでしょう。

買取業者とバイクショップ、両方に査定してもらうと良いでしょう。

コメントは受け付けていません。