バイク買取と下取りは違う

最近ではテレビCMでもバイク買取業者をよく見かけるようになりました。

バイク買取が当たり前のようになってきていますが、バイクを買い替える時の「下取り」とどう違うのでしょう。

買取と下取りの違いを理解し、古いバイクの処分方法を決めましょう。

【下取りのメリットとデメリット】

下取りというのは、新しいバイクを買う時に今まで乗っていたバイクをそのバイク店に価格をつけてもらい、引き取ってもらうことです。

バイク店がすべて手続きをしてくれますので、用意して欲しいと言われた書類だけを用意すればOKです。

下取りだと、新しいバイクが納車されるまでの間、古いバイクが使えるというのもメリットです。

一方デメリットは下取りの価格がバイク買取業者が出す査定額よりも安いということです。

しかし、これは必ずそうなるというわけではありません。

交渉次第で買取業者と変わらない金額を出してくれることがあります。

【バイク買取のメリットとデメリット】

バイク買取というのは、バイクを買うお店とは別のバイク買取業者にバイクを買い取ってもらうことです。

買取してもらうメリットは、下取りよりも高い金額を提示してもらえることが多いことです。

中にはバイクショップの下取り額との差が数十万円になることもあるようです。

ただし、業者によって査定額は大きく変動するので、いくつかの業者に査定をしてもらわないといけないという手間がかかります。

【違いを理解した上で依頼】

バイク買取と下取りの違いは理解できましたでしょうか。

どちらにもメリット、デメリットがありますが買い替えるのであれば下取りが簡単で良いでしょう。

いや、少しでも高い値段で売りたいというのなら買取業者に依頼すると良いかもしれませんね。

コメントは受け付けていません。